相性が良いから、ご縁があるからうまく行く?

不倫・浮気・離婚占い

相性の良さ、ご縁、ソウルメイト、運命の人、なんでも良いけど、それだけじゃうまくいかないかもです。

出会うっていうのは本当に運命だなって思います。

結果的にその人を好きになるか、ただの人で終わってしまうか、それは分からないけれど、面識を持つということは何かの縁がある証拠です。

相性鑑定で一般的によくあるのが「この人と相性が良いですか?」というものです。

一般的にって言ったのは、私にそういう相談をしてくる人はもういないから(笑)

相性なんてどうでも良くて、とにかくその人が好きなのかどうか、それが一番だって何度も言ってるためです。

さて、この相性なのですが、もちろん悪い場合は大変です。

悪いというのは、それぞれの個性のぶつかりやすいところが多いから「相性が悪い」って出てくるわけです。

でも、相性が悪いからうまく行かないわけじゃないです

個性がぶつかりやすいなら、ぶつからない距離を保てば良いだけです。

相手のことを想い、大切にし、ぶつかったら「ごめん」って謝ることを大切に出来れば、一生仲良くやっていけます(もちろん、喧嘩はします(笑))

相性が良いというのは、お互いの個性がぶつかりにくいということです。

だからといってうまく行くわけじゃないです。

お互いがぶつかりにくいために、知らない間に「相手はこういう人」という感じで思い込みが生まれる事があります。

それがすれ違いを生む原因となり、気がついたらお互いの心が離れてしまっていた、なんてことがあり得ます。

相性が良かろうが悪かろうが、「他人」が共に生きようとするのですから、「合わせる努力」が双方に必要です。

これが分かっているかどうか、分かるようになっていくかどうかで、うまく行くかどうかも決まってきます。

相性を気にしすぎてご縁を逃しているケースが多いです

もちろん、好きっていう気持ちだけで「合わない部分を受け入れられる」ということにはなりません。

暴力を振るう彼だけど自分に別れる気持ちが無いなら「あなたも格闘技を学びなさい」とお伝えします。

ぼこぼこにしてやれば良い(笑)

立場が逆転しても好きでいられるなら、一生やっていけます。

「相手を想う気持ち」「好きという気持ち」というのはそれだけ大事なことです。

まだ好きになる前に「相性はどうだろうか」って気になることもあるでしょう。

こういうときはちょっと難しいです。

相性が悪いと出たらきっと気持ちが冷めちゃうでしょうし、良い気持ちはしないと思います。

だから、本当はある程度気持ちがハッキリするまでは、相性占いとかはやらない方が良いです。

そうじゃないと「自分で決める」ことが出来なくなります

占いに頼って良いところと、自分で決めないといけないところっていうのがあります。

相手に対する気持ちが定まるまでは自分で決めることです。

相手に対する気持ちが定まったら、占いを目安に更に好きになれる方法を模索することです。

そうやって相手と仲良くやっていこうと「お互い」が意識し努力することでうまくやっていけます。

「相性が良いから」「ご縁があるから」うまくいく、というほど優しい世界じゃ無いです。

逆に言えば、本当に好きで相手も気にしてくれているなら、未来は開けやすいと言えます。

一緒に読んでみてください:「タイミングが合わない人のシグナル」